転職活動を始める人が知っておくべき5つのステップ

働き方

こんな人にオススメな記事

  • これから転職を始めようと思っている
  • でも具体的にどうやって活動していいか分からない

という疑問を解決できる記事になっております。

なぜなら僕も最近まで転職活動を行なっていた体験談があるので、その視点も含めてお伝えできるからです。

記事の前半では「転職活動に必要な期間と自己分析」について、後半では「自己分析以降に踏むステップ」についてまとめてきます。

この記事を読みおわることで転職活動の全体像を掴みつつ、いつ何をすべきかが分かります。

転職活動で内定をもらうまでにかかる期間は3ヶ月〜6ヶ月

実際に活動していく前に、どれくらい期間が必要かを知っておく必要があります。

なぜなら会社にも「〇月に辞めます」と伝えておく必要があるからです。

法律上、2週間前に退職届を出せば辞めることは可能ですが、少しでも会社に感謝があるなら2.3ヶ月前に報告しておいた方がいいでしょう。

最短2週間で退職可!労働基準法・民法上のルールと退職手続きの流れ

そして会社に勤めながら転職活動を行う場合、3ヶ月〜6ヶ月くらいの期間はみていた方がいいです。

中には2.3ヶ月という声もありますが、現職の仕事でトラブルがある可能性もあるので、それくらいは余裕を持っておいた方がいいです。



転職活動のポイント① 最初の1週間で自己分析を行う

実際に企業に応募する前にこれらは行なっておくべきです。

自己分析を行うことで「自分の強み・弱み」だけでなく「自分がどうなりたいのか?」という方向性が見えてきます。

自分の強みを知る

もちろん自分自身で書き出すのも1つの手ですが、意外と便利な方法があって、リクナビNEXTグッドポイント診断を行うといいでしょう。

会員登録さえすれば無料ででき、簡単な質問に答えていくだけなので、スキマ時間で十分できます。

これの結果が答えというわけではないですが、参考にしてみると自分では気づいていない面も見えてくるでしょう。

自分がどうなりたいのか

実はこれが非常に大切で、方向性を決めない転職活動は【航海士のいない船】のようになります。

いく先も分からないままフラフラしていると、いつまで経っても目的地にたどり着くことができませんし、時間を無駄にしてしまいます。

「将来やりたい事・なりたい自分」を見つめ直して、洗い出していく必要があります。

具体的なツールではありませんが「もし働かなくても国から生活費が支給された場合、自分は何をするか」を考えると見えてくるかもしれません。

転職活動のポイント② 1週間で情報収集をする

自己分析を行った後にすることは「情報取集」です。

これは自分の行きたい業界の求人票の数や、業界の動向を調べてみます。

もし求人票が5個くらいしかなければ選択肢が少なすぎるので、少し幅を広げた方がいいです。

また業界の動向について調べるのも重要で、右肩上がりになっているのか、それとも衰退しているのかを確認していきます

もし衰退しているようであれば、給料が下がったり、リストラさらる可能性も出てくるので、注意して見ていきましょう。

転職活動のポイント③ 2週間で書類の作成と応募

ここまで来てやっと、書類作成と応募が始まります。

応募に関してはポイント②と③がしっかりできていれば、それに伴って応募していけばいいだけなので、それほど問題はないでしょう。

書類作成に関しては自己分析をした内容や、志望動機を記入していきます。

最初は書き方が分からないと思います。

僕も最初どのように書けばいいのか分からなかったので、転職エージェントに依頼して添削してもらいました。

転職のプロに見てもらうので不安も少なくなりますし、当日自信を持って話すことができます。

転職活動のポイント④ 1ヶ月で面接

さあ、ここからが転職活動の本番です!

面接は「基本的なマナー」と「企業別の対策」が必要になります。

面接の基本的なマナー

これはどんな業界でも企業でも関係なく必要になってきます。

  • 1分たりとも遅刻しない
  • 忘れ物をしない
  • 身だしなみを整える
  • 自己アピールや志望動機が上手く話せない
  • 企業情報を調べていない
  • 言葉のキャッチボールができていない

見ての通り基礎中の基礎です。

「そんなこと知ってるよ!」と思う人もいるでしょう。

ですが、これを1つでも守れなければ内定をもらえる確率は0に近いでしょう。

必ず守れるようにしましょう。

企業別の対策

企業によって質問してくる内容は変わります。

  • あなたが経験した失敗した出来事と、それをどう乗り越えたか
  • 弊社の良い点と悪い点を3つずつ挙げてください
  • 他の社員より優れていると思う点を教えてください

などなど幅広い質問があります。

事前に対策しておいた方がもちろんいですが、来る質問が分からなければ対策できません。

ですが、それを知る方法はあります。

それは転職エージェントを使うことです。

各エージェント会社で「この企業はどんな質問があったか」のストックがかなり多くあります。

言わば、期末テストの問題が事前に分かるようなものです。

後はその質問の対策を準備しておけばバッチリです。

転職エージェントを使うことで、合格率は大きく変わってきます。



転職活動のポイント⑤ 内定をもらう

面接が無事通れば、内定がもらえます。

ですが、内定をもらうと1週間〜2週間以内に返答しないといけません。

なので他の企業も受けている場合は、内定を同じタイミングでもらえるよう調整しましょう。

そうでないと…

「第2希望の企業から内定もらえたけど、第1希望の企業からはまだ返事が来てない…。一か八か、第2希望は断っちゃえ!」

という決断をしないといけません。

もし第1希望の会社から内定がもらえれば問題ありませんが、その逆だった場合は恐ろしいですよね。

個人でそのタイミングを調整するのは難しいと思います。

選考の回数も、ペースもバラバラなので仕方のないことです。

もしそこも調整したい場合は、転職エージェントに相談してみてください。

ある程度、企業と話をつけてくれるので、先ほどのようなリスクを少なく転職活動することができます。

まとめ

今回は転職の基礎中の基礎についてまとめました。

ポイント①〜⑤で記載した期間はあくまでも参考で、現職の仕事も続けながらとなれば、そんなに上手くいかないでしょう。

人生のターニングポイントでもあるので、余裕を持って活動していくことをオススメします。

次回は、実際に僕が体験した【失敗談】について話していきたいと思います。

転ばぬ先の杖という言葉があるように、そこに触れることも非常に大切です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました