スタンフォード式 最高の睡眠 / 西野精治

本まとめ

4月から新卒として働き始める人も多いと思うので、今回は睡眠についてまとめます。

というのも、働き始めの時は疲れが溜まったり、睡眠時間が少なくなったりします。

そのため、質のいい睡眠をするために「スタンフォード式 最高の睡眠」の内容をまとめていきたいと思います。

要点をまとめると

  • 睡眠を疎かにするとどうなるの?
  • いい睡眠をとるために何をすべきか?
  • いい目覚めをする方法とは?

睡眠を疎かにするとどうなるの?

よく睡眠不足という言葉を使うことがあるが、研究者の間では「睡眠負債」といいです。

睡眠負債がたまると、マイクロフリープに陥ってしまいます。

簡単に言うと瞬間的に寝てしまうことです。

時間にすると1〜10秒の間に寝てしまい、怖いのが自分でも気づかないことです。

マイクロスリープが運転中に来た場合、最悪の事態になるかもしれません。

また睡魔によるパフォーマンスの低下や、効率性の低下など多くのマイナス要因があります。

いい睡眠をとるために何をするべき?

理想的な睡眠時間は7時間以上ですが、質のいい睡眠を取ることも重要です。

それにはレム睡眠とノンレム睡眠が大きく関わって来きます。

この2つは有名なので説明は省きますが、睡眠に入って「最初のノンレス睡眠」がかなり重要になります。

その質が高いか、低いかによって大きく変わってきます。

ノンレム睡眠を深くするためのキーワードは「体温」と「脳」です。

理想的な体温

まず寝る90分前にお風呂に入り体温を上げといいです。

ただ気をつけておきたいのが、お風呂から出た後に体温を下げすぎないことです。

温まった身体を冷ます際に眠りが訪れるので、クーラーや冬場などは身体を適温で保つことも意識するべきです。

脳と睡眠

また、脳とは睡眠のスイッチを入れることです。

「いつもの」明るさ・パジャマ・温度など、自分の中で寝るサイクルを作り、「こうしたら寝るんだ」と脳にサインを送り、眠りのスイッチを入れてあげるとスムーズにすんなり睡眠に入ることができます。

いい目覚めをする方法とは?

睡眠と同じくらい大切なのが、目覚めです。

その方法の1つは、太陽の光を浴びることです。

これはカーテンを上けるという一手間はあるが、割と簡単になります。

もう1つは、アラームです。

起きる時間の20分前に1度アラームを鳴らします。

ただ、音はうっすら聞こえる程度で、すぐに消えるように設定しておきます。

これで、身体が起きる準備をしてくれます。

あとは起きる時間に通常のアラームをかければOKです。

今後のアウトプット

  • 寝る前に「体温」と「脳」を意識して準備する
  • アラームのかけ方にひと工夫を入れる

最後に

睡眠は疎かにしがちですが、生活に欠かせない部分です。

時間が限られていても質のいい睡眠を取り、自分のポテンシャルを十分に発揮できるようにしましょう!

スタンフォード式最高の睡眠 [ 西野精治 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/3/30時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました