【同期と差を付けたい!】忙しくて勉強できない社会人のための勉強法

働き方

こんな人にオススメの記事

  • 毎日仕事でくたくた…
  • 同期と差を付けたいから勉強しなきゃ…
  • でも忙しすぎて勉強できない!

という人にピッタリの記事です。

僕も社会人1.2年目の頃は特にこれで悩んでいました。
会社と家での往復で帰ってから勉強する気力もない…

ですが今では月に10冊くらい本を読めるくらい勉強する時間を取れるようになりました。

その具体的な方法をまとめているので活用してみて下さい!

忙しい社会人でも無理せず勉強できるように変われる

総務省の平成28年社会生活基本調査によると…

日本の社会人の平均の勉強時間は、1日に6分と言われています。

このことから見て取れるように社会人になると勉強の時間が取れない人がほとんどです。

その理由は勉強する余裕がないからでしょう。

朝ギリギリに起きて、出勤して仕事して、帰ってきたらクタクタで寝て…

こんな生活を送ってる人は割と多いと思います。

疲れて帰ってきた身体にムチ打って勉強して、それを続けるのは難しいでしょう。

でもやり方さえ意識すれば社会人でも勉強はできます!

しかも無理なやり方ではないので継続して勉強できるでしょう。

周りの同期は勉強時間が6分でも、あなたは1.2時間くらいは軽く取れるようになるので周りとも差がつけられます!

『ながら時間』を有効に活用すれば無理なく勉強できる

今の生活から勉強する時間を生み出すのは難しいです。
(出来たとしても気持ちがどこまでついてくるかどうか…)

だったら生活の中の時間を勉強の時間に変えてみましょう!

それが『ながら時間』です。

言葉だけだとイメージしにくいですが…

  • 出勤の準備をしている時間
  • 朝ごはんを食べてる時間
  • 満員電車の中
  • 料理や家事をしてる時間
  • 買い物をしてる時間

など探せばいくらでも出てきます。

この時間を有効的に使うことで、無理なく勉強することができるのです。

【オーディブル】メンタリストDaiGoさんも使ってる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それではその『ながら時間』を活用するためにどうすればいいのでしょうか?

結論から先に言ってしまうと、「Amazon Audible(オーディブル)」を使うことです。

本を読んで勉強する場合は当たり前ですが、手と目を使う必要があります。

ですがオーディブルであれば、耳さえ空いていれば勉強することができます

先ほど挙げた例でも、全てのシチュエーションで使えます。

満員電車の中で本を開けなくても、耳は空いています。
買い物中に歩きながら参考書を見れなくても、イヤホンで聞くことはできます。

というように場所を選ばず勉強ができるのが1番の強みです!

同期などの周りの人が勉強してない時に、あなたが勉強することで差は広がっていきます。

ちなみにオーディブルはメンタリストのDaiGoさんも利用してるサービスです。

YouTubeの投稿や本の出版というアウトプットをするのに膨大なインプットが必要になるのは間違いありません。

それはオーディブルがあってこそだったのかもしれませんね。

中田敦彦さんのYouTubeに出演した時に話されてたのでリンクも貼っておきます。

【DaiGo×中田敦彦】〜心理学でYouTubeヒットの法則を徹底分析!〜

今の生活のまま勉強の時間を確保することはできる

ここでお話しした通り、忙しくても勉強することは出来ます。

あなたは今まで通りの生活を送りながら、スキマ時間を勉強に使えばいいだけです。
今の生活に無理やり勉強の時間を取り入れなくても大丈夫です。

今はオーディブルを1ヶ月間は無料で使うことができるので使ってみて下さい。

オーディブルのサービスはもちろん、本を1冊まるまる聞くことができます

無料期間だけで終わりたい人のために解約方法をまとめた記事も貼っておくので参考にしてみてください。

実際に使ってみないと良し悪しも分かりません。

現状を変えるか、現状維持するかは読んでいるあなた次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました