【これが現実】シェアハウスの日常

シェアハウス

こんな人にオススメの記事

  • シェアハウスに住みたい
  • 実際どんなくらしをしてるのか気になる

という疑問を持つ方にぴったりの記事になっています。

なぜなら私がシェアハウスに実際に住んでいるので、リアルで温度感のある情報をお届けできるからです。

この記事の前半では「最初に大前提として分かっておいてほしいこと」、後半では「日常をざっくりと紹介」しています。

読み終えることで、抽象的だったシェアハウスのイメージがより明確なものになるでしょう。

まず大前提として理解してほしいこと…

友達とかにシェアハウスに住んでることを伝えると…

「テラ○ハウスじゃん!」

大抵このリアクションが返ってくるんです。

ルームメイト10人への調査の結果、100%の確率でそのリアクションが返ってくるそうです。(きよ調べ)

……

ん〜〜〜

分かるんですよ?
シェアハウスといえば、テラス○ウスですから…

でもあれはね…SF作品なんですよ…

  • シェアハウス内で付き合ってる人がいる
  • みんな炭酸水飲んでる
  • 夢について語り合う

こんなことはありません。(きっぱり)

実際はね…

  • 恋愛対象として見れなくなる
  • 基本的に水道水でOK
  • 話す内容は下ネタバンバン

こんな感じです🤤

なのでシェアハウスのリアルな日常をご紹介していきたいと思います。
よりイメージしやすいように1週間単位で振り返っていきますね。

【これがシェアハウスの現実】1週間を振り返ってみよう

まず僕のシェアハウスの基本的な情報はこの記事にまとめてます。

別に読んでも、読まなくてもどっちでもいいです。

【シェアハウスの日常】平日の朝

朝は基本的に8時くらいに起床します。
(5時にアラームはかけてるんですけどね…)

朝食を食べにキッチンに行くと、決まったメンバーが3人くらいいます。

1人目は韓国から来たインテリボーイ。(多分僕より日本語うまい)
2人目は大阪の人気テーマパークで働いてる女性。
3人目はデザイナーやってる会社員の女性。

基本的にこの中の誰かがいますね。

朝なんで特にテンションが高いわけでもなく…

「おはよう」
「眠たい」
「今日って雨?」

という熟年の夫婦のような会話を繰り広げてます。

そこから淡々と準備していって、何気ない会話をして家を出てますね。

テラスハ○スみたいな、きゃっきゃした会話なんてありません。
これが現実ってやつですよ…(迫真)

【シェアハウスの日常】平日の夜

仕事から返ってきたら、だいたい20時くらいです。

日によってバラバラですが、基本的にリビングでご飯を食べます。
もちろん1人で食べる時もありますし、何人かで食べることもあります。

1人で食べてる時は一人暮らしのような感覚を味わえますし、何人かで話しながら食べてると友達と食事してるような感覚になります。

どちらのいいところも味わえるので、暮らしのハイブリッドのようなイメージです。

ここでの会話は「最近行ったカフェの話」とか「タピオカの話」とかしたいのですが、そんな人はシェアハウスには来ません。
スレて人たちが集まる場所です。

とはいえ、ついつい話し込んでしまうこともあるので学校の放課後現象が起きます。
(学校の放課後現象とは、何もしてないのに時間が経っている現象である。)

次の日が仕事の日もザラなので、自己管理能力が必要になってきます。(大袈裟)

【シェアハウスの日常】土日

土日などの休みだからと言って何かするわけではないんですが…

シェアハウス名物のホームパーティーとかはこの辺で行われます。

僕のシェアハウスでも月に2,3回は行ってますね。
(タコパみたいなメジャーなものから、パンパーティーというトチ狂ったものまで様々です。)

ホームパーティーは最終的にお酒飲んでダラダラ喋るのがオチですね…

ちなみにホームパーティー以外にも、外に出かけたりします。

ピクニックに行く人や、ボルダリングに行く人もいます。

…え?僕ですか?
たまたまどちらも参加できてないです…

よ、よ、予定が合わなかったんですよね…

【まとめ】シェアハウスにも良し悪しがある

今回はシェアハウスのリアルをお届けしました。

フランクな感じに共感してくれた人や、現実に絶句している人もいるかもしれません。

あくまでも分かってほしいのが、僕個人の意見だと言うことです…

中にはテラスハウ○みたいなあ生活を送っているひともいるかもしれません。

あくまでも一例としてご理解いただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました