【営業スキルで恋愛攻略】接待もデートも準備が8割

WordPress

こんな人にオススメな記事

  • デートが控えてるけど当日緊張してしまう
  • でもどうやって準備をしたらいいか分からない
  • 失敗しないデートプランを知りたい!

という悩みを解決できる記事になっております。

なぜなら「営業のデート=接待」も準備がかなり大事です。
むしろ準備が8割くらい占めると言っても過言ではありません。

前半では「営業が接待で行なっている準備と気をつけている点」について、後半では「接待の内容をデートに置き換えて完璧に準備するにはどうすればいいか?」についてまとめております。

この記事を読み終えることで、デートに向けて準備が行えるようになり、あの子が一目置いてくれるきっかけになるでしょう。

【営業のデート=接待】そのポイントって何?

まずは、営業のデートこと「接待」について話をしていきます。

営業を経験していない人からすれば「接待って本当にあるんだ!」と思う人もいるでしょう。

「飯食って、酒飲んで、キャバクラ行って相手を気分良くさせる」というイメージが持たれがちです。

ですが、もてなす側からすれば戦略的に行なっているものです…

【接待のポイント①】目的とゴールを明確にしていく

まず接待をする前に決めておくべき事があります。

それが目的ゴールです。

これは店選びなどより非常に重要なポイントです。

これを事前に決めていないと、ただの飲み会になってしまい無駄な時間になってしまいます。

接待の目的は、売上に繋げること

1番の目的としては売上に繋げることです。

大抵の営業にはノルマがあるため、それを達成する必要があります。

まぁ、もちろん人それぞれ目的は違いますが…

大切なのは「なぜ行うのか?」を理解していることです。

根本的な部分を理解しておくことで成果に繋がりやすくなります。

接待のゴールは、有益な情報を引き出すこと

ゴールとは、目的を達成するために必要なパーツのようなイメージです。

例えばCMコンペがあったとして、オリエンテーションでは話せない社内の内情を聞くというイメージです。

必要なピースを集めることが僕の接待のゴールでした。

上記の目的同様、人や場合によって変わってきますが「ゴールを意識する」という部分は変えてはいけません。

【接待のポイント②】相手の好みの店をこっそり予約する

目的とゴールが決まったら、具体的に接待の内容に入っていきます。

接待の店選びの基準は色々あります。

電車通勤の場合は駅から近い方がいいですし、現地集合の場合は複雑な場所は避けた方がいいです。

1番大切なのは、相手の好みですよね。

食事の好みはもちろん、お酒の種類までリサーチしておくべきです。

事前に相手の好みはメモしておく

これが1番スマートな手法です。

何気ない話ほどメモしておいてください。

  • 好きな料理やお酒
  • 最近行ったお店
  • 家族の好み

そのストックを貯めておけば、聞かなくても「この人はワインが好き」という情報が得られます。

また、相手の家族の好きなものをまとめておくことで「ご家族がカステラ好きと言ってたんでお土産にどうぞ」とできます。

接待の誘いの前に相手の好みをリサーチする

上記の方法が1番理想的ですが、正直なかなか覚えていないものです。

そんな人にオススメな方法が、接待の話をする前に好みを聞いてくのです。

例えば、15日に接待があるなら10日に誘います。
相手の好きな料理やお酒を1日に聞きます。

理想を言えば1ヶ月くらい間が空いた方がいいですが、イメージとしてはこんな感じです。

このやり方なら「自分の何気ない発言を覚えておいてくれた!」と感じ、良いスタートがきれます。

【接待のポイント③】設定したゴールは最後に聞く

①でお伝えした、ゴールを達成するために接待をしています。

ですが、どのタイミングで聞くのがベストでしょうか?

先に答えをお伝えすると、1番最後に聞くべきです。

理由は2点あります。

最初に聞くとビジネス感が強い

もちろん仕事の関係なのでビジネス感があって当たり前です。

しかし最初に聞いてしまうと相手は…
「自分と食事がしたかったのではなく、情報が知りたかっただけ」
と受け取ってしまいます。

そうなると、ゴールも目的も達成することはできません。

なので、8割は仕事と関係がない話をするくらいでいいです。

最後の2割で「ゴール」の話をしていきましょう。

酔った方が口を滑らせやすい

ゲスい考え方ではありますが、思い当たる人もたくさんいると思います。

お酒を飲んでいると気が大きくなり、心理的なハードルが下がります。

もちろん全ての人という訳ではないですが、実際多くの人が当てはまります。

なので接待の最初はお酒が回っていませんが、後半はベロベロになっているケースが多いです。

密度の濃い情報を得やすいため、最後に聞いた方がいいです。

仮に「プレゼンのオリエンテーションでは言ってなかったキーポイントを知る」というゴールを決めていたとしましょう。

【営業のデート=接待】まとめ

なので接待のポイントとしては…

  • 目的とゴールを明確化する
  • 相手の好みを店をこっそり予約する
  • ゴールは最後に聞く

それを踏まえたうえで、デートの準備について話していきましょう。

【デートの準備】で押さえておくポイントって何?

長くなりましたが、ここからが本番です!

苦労して取り付けた女の子とのデート…必ず成功させましょう!

基本的な考えは接待と同じです。

【デート準備のポイント①】目的とゴールの設定と、接待とは違う点

接待の時と全く同じ考え方です。

事前に目的とゴールを決めておいた方が、より有意義な時間になります。

デートにおいての「目的」とは…

人によって大きく変わってくるでしょう。

もしその子の事が好きなら、目的は「付き合う」になります。

逆に一晩だけの関係を持ちたい人は「セ◯レになる」という目的になるでしょう。

どちらが良いかは別として「最終的にどうなりたいか?」を決めておいてください。

デートにおいての「ゴール」とは…

接待同様、目的に紐付いてきます。

付き合うことが目的なら「意識させるために夜景を見る」ことがゴールになるでしょう。

ヤることが目的なら「ホテルに入る」ことがゴールになるでしょう。
(あくまでも一例ですよ?)

接待と違うところが1点あって、ゴールを基に店の場所を決めるのも大切です。

夜景を見るのに電車で1時間移動しなきゃいけない店を予約したら、ムードなんてあったもんじゃないです。

なので、店を決める際はゴールも意識しましょう。

【デート準備のポイント②】お店を予約するのは大前提

お店の予約についても基本的には接待と同じです。

しかし接待よりも、デートの方が「予約」の持つ力は大きいです。

その理由を2つ紹介していきましょう。

「私のために色々準備してくれた」と感じる

女性は「特別感」を重視する人が多いです。

デートで特別感が感じやすいのが予約になります。

よりポイントが高いのが、相手の好みを押さえて予約することです。

これは黙っていると伝わらないので…

「この前、アボカド好きって言ってたじゃん?今から行く店は20種類以上アボカドがあるんだよ!」

と店に向かってる途中に言うと、食事前から良いスタートがきれます。

「私だけじゃなく彼も楽しみにしてたんだ」と感じる

男性が実際どう思っているかは別として、女性はこう感じるそうです。笑

過去、何度か「デートの店を予約しといてほしいか」と女性に聞いた時にこの回答は非常に多かったです。

「お互い楽しみにしていた=小さな両思い」を作れるのは、デート中もアドバンテージになります。

その日に告白したとしたら、そのアドバンテージが効いてくるかもしれません。

【デート準備のポイント③】勝負は最後にとっておく

これも接待と同じ考えです。

仮に告白するにしても、デート30分後に言うのはまずいです。

理由は明快で、残り時間が死ぬほど気まずいからです。

店に入った時は両思いでも、そのタイミングの悪さで覆る可能性もありますね…

また、ホテルに誘う時も同様です…(小声)

接待でも前半で勝負をして「ビジネスのため」と思われるのと同様、デートでは「身体目的」と判断されてしまいます。

タイミングは非常に重要です。

まとめ

接待での準備の話を基に、デートの準備の話をしてきました。

デートや恋愛に慣れていない人ほど、準備が大切です。

準備をするのと、しないのとで結果は大違いです。

この記事の内容を活かしてステキなデートを送ってくれれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました