【営業スキルで恋愛攻略】シリーズ開始のごあいさつ

働き方

こんな人にオススメの記事

  • これまで彼女がいなかった
  • 恋愛に対してどうしたらいいか分からない
  • 営業のスキルも一緒に伸ばしたい

という疑問を解決できる記事になっております。

まず最初に頭に入れておいてほしいのは、営業と恋愛は共通する部分が多いということです。
営業を経験し、それを恋愛に活かしてきた経験があるので、そのノウハウを紹介していこうと思っております。

記事の前半では「このシリーズの目的」について、後半では「なぜ営業は恋愛に活かせるのか」についてお話ししていきます。

この記事を読み終えることでこのシリーズの目的を掴み、異性を落とす術を知ることができます。

ちなみに次の記事からスキル的な部分を紹介するので注意してください。

【営業スキルで恋愛攻略】このシリーズの特徴

まずは本記事から始まるこのシリーズの目的を明確にしておきましょう。

これを共通認識としておくことで、読み終わった後に「思ってた内容と違う」というズレをなくすことができます。

もしこの章を読んだ段階で「なんか違う…」と感じた人は閉じてもらってもいいです。

それではこのシリーズの目的を説明していきましょう。

シリーズの目的① 恋愛経験がない・苦手な人のきっかけ作り

furu-kakeが20歳〜29歳の男女300名を対象に行った「付き合った人数」の調査によると、下の図のような結果になりました。


引用元URL:https://furikake.doda.jp/article/2019/01/26/1098.html

グラフを見ると、付き合ったことがない男性が30%を超えています。

人数として見ると、20歳〜29歳の男性の合計が300万人以上なので90万人近くが付き合ったことがない計算になります。


引用URL:https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000031820048&fileKind=0

必ずしも全員が困っているわけではないでしょう。
しかし、困っている人も少なからずいるのも確かです。

そういった人達が「これって本当に効果があるの?」と行動するきっかけになれば幸いです。

シリーズの目的② 恋愛にも、営業にも活かせる

ここでは「営業スキルを紹介した後に、恋愛スキルに応用する」という流れで紹介していきます。

なので、1つの記事で2場面で活かせる情報を入手することができます。

また色んなスキルを紹介していくので、組み合わせて使えばより効果的な方法もあります。

また営業をしていない人でも複数の場面で活かすことができます。

なぜなら営業は、信頼を稼いだりコミュニケーションを円滑にすることが大事になってくるので、職場内や友人のコミュニケーションでも活かせる点は大きいです。

シリーズの目的③ シチュエーションに落とし込むから分かりやすい

「なんかイメージしにくいな…」

ということがないように、シチュエーションに落とし込んで説明していきます。

ただ単に「この営業スキルは恋愛でこう活かせる」と書いてもイメージしずらいですもんね。

なので、どのように使えばいいかを理解した上で、具体的にどんな使い方をするのか説明していきます。

そのため明日からでも活かせるようになっているでしょう。

そんな即戦力となる記事を輩出していきます。

なぜ営業スキルは「恋愛」に活かせるの?

耳にしたことがある人も多いと思います。

とはいえ、なぜ恋愛で営業スキルは活きるのでしょうか?

その理由をいくつか紹介していきましょう。

活かせる理由① 営業と恋愛は非常に似ている

この2つは非常に似ている部分が多いです。

営業の流れとしては…

顧客を見つける→困ってることなどをヒアリング→ニーズと商品がマッチする→クロージング(決断を迫る)→契約成立

対して恋愛の流れは…

好きな人を見つける→相手と会って話す→好きになる→告白→付き合う

つまり「クライアント=好きな人」・「商品=自分」という違いだけです 。

なので営業のスキルを恋愛に流用することが可能なのです。

活かせる理由② 営業は信用を得る仕事

営業を受けて、その人からものを買う場合、意識はしていなくても必ず信用が生まれています。

逆に「この人なんか信用できないな…」って人からは買いません。

なので営業は信用を築く必要があります。

ただ、営業は売り上げを立てる必要があるので短期間で信用を得る必要があります。

そのために色々なスキルやポイントがあります。

これは恋愛に関しても同じです。

合コンやナンパのように新しい出会いの場合も同じく信用を得る必要があります。

例えば合コンから食事に誘って、そこで信用が得られなかったとしましょう。

そうなると2回目のデートに来てくれる可能性は0に近いですよね。

なので営業の「信用を得るスキル」は、恋愛でも活かせるのです。

活かせる理由③ 話し下手でもトップ営業になれる…ってことは…

営業という職種を「話が上手い」というイメージを持っている人は多いでしょう。

ですが、実際そうではありません。
(もちろん話が上手いに越したことはないですが…)

理由は簡単で、営業は話す仕事ではないからです。

むしろ「聞く仕事」と言っても過言ではありません。

相手の話を聞き、それに対する解決策を提示し契約してもらいます。

相手の課題が分からなければ、営業としては失格です。

恋愛も同じで話が上手い人がモテるわけでもありません。

むしろ女性は話を聞いてほしい生き物です。

なので、聞き上手になればOKです。

聞き上手は相手が答えやすいように質問をしてあげて、話しやすい空間を作ってあげればバッチリです。

なので話し上手になるより、聞き上手になる方がハードルが低いです。

聞き上手になることで、相手の信用を得ることにも繋がります。

まとめ

今回はこのブログの方向性と、営業と恋愛の共通点についてお話しいたしました。

この記事以降で、営業スキルを恋愛に活かす方法について話していきます。
(他にも色んな記事も書きますが…)

これまで恋愛経験がない人、少し臆病になっている人の背中を押せるような記事になるよう心がけていきます。

色々なシチュエーションに落とし込んでいくので、デートの際に実行していただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました