【おウチ時間の活用】読書を習慣にする方法【本を買いに行かなくてもOK】

働き方

こんな人にオススメの記事

  • 読書を習慣にしたい!
  • 在宅勤務や自宅待機をしてる
  • 習慣にして周りの同期と差をつけたい!

という人にピッタリの記事です。

僕も元々、読書が苦手なタイプでした。
(月に1冊も読まないこともよくありました…笑)

ですが、今では僕も月に10冊くらい読めるようになってきたので、その方法をまとめてます。

コロナウイルスの猛威の影響で、緊急事態宣言も5月末まで延長となりました。

でもその期間を有効活用して、読書を習慣化させていきましょう!

時間がある今こそ『読書の習慣』を身につけるべき

マイナビ学生窓口フレッシャーズ社会人男女に読書量について調査した結果…

■月の本の冊数の分布

0冊 141人(36.1%)
1冊  78人(19.9%)
2冊  53人(13.6%)
3冊  32人( 8.2%)
4冊  24人( 6.1%)
5冊  17人( 4.3%)
10冊 20人( 5.1%)
20冊 8人 ( 2.1%)

社会人男女に読書量についての調査」より引用

という内容になりました。

0冊と1冊という人が半数以上の56%も占めています。

さらにその理由を見て見ると…

・仕事が忙しいので読みたくても読む時間がない(男性/30歳/金融・証券)
・暇がない(女性/41歳./食品・飲料)
・時間がない(女性/31歳/建設・土木)
・忙しくて読んでいる時間がない(男性/49歳/自動車関連)

社会人男女に読書量についての調査」より引用

でも実際、自粛になり時間ができるようになって、どれくらいの人が読書をしているでしょうか?

ほとんど変わってないと思います。

なので「時間がない・忙しい」という言い訳ができないこの時期だからこそ読書を習慣にするチャンスなのです。

途中でくじけてしまうのは『習慣』がなかったから

継続できないなんて自分は意志力が弱い…

というように「継続できる=意志が強い」と思われがちです。

でも実際は、意志力ではなく習慣化できていないから途中でやめてしまうのです。

例えば、あなたも歯磨きを毎日続けています。
でも歯を磨くのに意志の力は働いてません。

でも読書は歯磨きよりも大変じゃん!

と感じる人もいるでしょう。

でも実際、習慣になったら歯磨きも読書も一緒です。

頑張らなくても、続けられるようになります。

読書を習慣にするための3つの方法

それではどうやって習慣化していく方法をまとめていきましょう。

ポイントは大きく3つあります。

【習慣化する方法①】ハードルを下げる

習慣にする時に失敗する1番の要因。

それがハードルを高くすることです。

例えば…

  • 毎月20冊の本を読む
  • 毎日2章は読む
  • 読んだ後もアウトプットする

確かにアウトプットする想定で本を読めば、内容も身につきやすいです。

でもそれが3日続くだけでは意味がないので、まずは習慣化することを優先してください。

なので最初は低すぎるくらいのハードルを設定してください。

  • 毎日1行は読む
  • 午前と午後に1回は本を手に取る
  • 机の前に座る

このレベルで低すぎるくらいにしてください。

本を1行読んだだけでも、”せっかくだからもうちょっと読むか”と思えてくるものです。

もし、1行読んだだけで終わってもOKです。

今日も達成できたということで肯定感も生まれて挫けにくくなります。

【習慣化する方法②】誘惑との距離を取る

天使と悪魔がいるように、習慣化にも誘惑というライバルがいます。

読書をしようと思っても、ついついYouTubeを見てしまう…

なんてことは誰もが通る道かもしれません。

ぶっちゃけ言うと、誘惑に勝つことはできません。

この認識を持つのと持たないのとでは大きな違いです。

もう一度言います。誘惑には勝てません。

なので必ず距離を取るようにしてください。

  • YouTubeのアプリを消しておく
  • スマホは視界に入らない引き出しに仕舞う
  • テレビがある部屋にはいない

などなど方法は色々あります。

大事なのは「視界に入れない・あえて面倒にする・誘惑の近くにいない」ようにする。

自分に合ったやり方を見つけてみるもの楽しいですよ!

【習慣化する方法③】何度か失敗する前提で動く

こんなことを言うと無責任に思われるかもしれませんが…

何度か失敗することはあります。

それが面倒になったのか、誘惑に負けてしまったのか、原因は様々でしょうが。

なので失敗した原因をメモに取って置いてください。

そこからどうやって改善するかを考えるのです。

ハードルをもっと下げるのか、誘惑との距離を遠くするのか、それとも別の方法か…

なんでもいいので試行錯誤しながら改善してみてください。

そうやって調節しながら、習慣化することで無理せず進んでいけるでしょう。

また「失敗はするもの」と認識しておくことで、実際に失敗した時に挫けなくなります。

でも外に出れないから買いに行けない…

よし!じゃあ読書を習慣化しよう!

と思ってもコロナウイルスの影響で買いに行けない人も多いでしょう。
(僕も買いに行くことはオススメしません。)

ネットで買うにしても届くまで日数があるので、その間に「やらない理由」を探し出すでしょう。

なので今すぐに始められる方法を2つお伝えしましょう!

【おウチで読書①】スマホで本を読む

やり方は簡単でスマホで本を読めるようにしておきます。

例えば「Kindle unlimited」とかです。

簡単に言うと本・雑誌・マンガの読み放題サービスで、

今なら1か月は無料で利用できるようになっています。

読み放題と言ってもメンタリストDaiGoさんなどの人気な本も読めます。

お金の心配なく楽しめるのもいいですね!

【おウチで読書②】オーディブルで聞く

結論からいうと「オーディブル」を使うということです。

1番のポイントは手と目を使わなくていいことです。

例えば洗い物や料理中はもちろん、歩いている時も本を読むことはできません。

ですがオーディブルであれば耳だけ空いていればいいので…

  • 料理しながら読書
  • 歩きながら読書
  • 買い物をしながら読書

などができるようになります。

スキマ時間に聞けるのでハードルがめちゃめちゃ低いです。

こちらも1ヶ月は無料で使うことができるので、試してみてください。

誰にでも読書は習慣にできる

仕事などで忙しく本が読めなかった人もいるでしょう。

ですが家での時間がある今だからこそ、読書を習慣にしていきましょう。

ここで習慣にできれば、仕事が本格的に始まってからも読み続けることができるでしょう!

今からの行動で、1年後や3年後の未来は大きく変わります。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました