【ゲームをやめたい…】そんな人は習慣を味方につける

暮らし

あなたはどれくらいゲームをしてますか?

  • ほとんどやらない
  • 1日に1時間くらいかな
  • 実は3.4時間くらいやっちゃう…

などなど様々でしょう。

もちろんゲームをすることにもメリットはあります。

ですが”やめたいのにやめられない”場合は別です。

今回はそのような人がゲームをやめる方法をまとめていきます。

ゲームをやめられない人なんていない

東京新聞にこんな記事があります。

過去十二カ月間に85.0%がスマートフォンやパソコン、ゲーム機を使ってゲームをしていた。

東京新聞 2019年11月29日の朝刊より引用

つまりそれほど多くの人がゲームができる環境なのです。

逆に全く触れていない人はごく少数になっているくらいです。

なのでゲームとの付き合い方が大切になります。

間違っても”ゲーム=悪”と言っているわけではないです。

ゲームにはストレス発散などのメリットもあります。
そのお陰で次の日の学校や仕事を頑張れてる人もいるでしょう。

問題なのはゲームを『コントロールできていないこと』です。

  • 今日くらいはいっか…
  • とりあえずちょっとゲームしてから勉強しよ…
  • あと1回やったら勉強しよ…

という体験談がある人は多いでしょう。

人生の優先順位の中でゲームが高い地位にいるわけです。

ですが、どんな人でもゲームをやめることはできるのです。

【人は習慣で動く】ゲームをやめる習慣を上手く活用する

ゲームに限らず、何かをやめるとなると『意志』が重要だと思う人がいます。

でも実際はそんなもの関係ありません。
むしろ意志力でやめようとすると、高確率で失敗します。

それは、あなたの過去にも思い当たることはあるでしょう…。

早起き・ランニング・ダイエット…

大事なのは意志ではなく『習慣』です。

人の行動は習慣の生き物。

あなたがゲームをするのも「ゲームをする習慣」があるからです。

その習慣さえなくしてしまえば、ゲームをやめることはできます。

【今日からできる】ゲームをやめるための3つの方法

どうやって今ある習慣をなくしていくか?

という具体的な方法について説明していきましょう。

今日からでも始められるものがあるので、ぜひ試してみて下さい。

ここで書かれてる内容は僕の愛書でもある「ぼくたちは習慣で、できている。」を参考にまとめています。

【ゲームをやめる方法①】ハードルを高くする

何かを始める時は習慣化させるためにハードルを低くします。

本を読む→1行でも読めばOK

というような形です。

やめる場合はこれとは真逆のこと、つまりハードルを高くすればいいのです。

意識するのは…

  • 手間のハードル → スマホを机の中にしまっておく
  • 距離のハードル → ゲーム機本体を視界に入れないようにする
  • 心理のハードル → 自分の子供が同じことをやろうとしてたらどう思うか

この3つのハードルを意識してください。

特に3つ目の「心理のハードル」は自分の欲求をクールダウンする冷却装置のようなものです。

意外と効果的で冷静に判断できるようになります。

より詳しい内容はこっちの記事に書いているので、気になる方は是非。

【ゲームをやめる方法②】やめるなら完全にやめる

何かをやめる時に…

  • 3日に1回に減らす
  • 完全にキッパリやめる

という2つの方法があります。

結論から言うと完全に断ち切る方がやめやすいです。

「3日に1回」とか「週に2回」のように回数を減らすやり方は必ず誘惑が襲ってきます。

前回やったのいつか忘れたから、今日ゲームしてリセットしよ
先週は30分しかやらなかったから、今日はやってもいいか!

人は誘惑には勝てない生き物です。
心の中に天使と悪魔がいるなら、悪魔の圧勝です。

なので誘惑が生まれないくらい完全にやめましょう。

先ほどのハードルもえげつないくらい高くしてください。

  • 手間のハードル→スマホから毎回アプリを消す
  • 距離のハードル→ゲーム機本体を売って手元にない状態にする
  • 心理のハードル→やめる仲間みつけて、挫けたら方が叙々苑おごる

使えるものは使って、効率的にやめていきましょう!

【ゲームをやめる方法③】例外を作らない

ハードルを上げても意外なとこに敵は潜んでいます。

例えば…

  • 友達と集まった流れでゲームをする
  • 消す時に課金していたことを思い出す

などなど様々です。

ちょっとくらいいっか…”と思って始めると、誘惑の思う壺です。

あれもこれもと例外がどんどん増えていき、昔の状態に逆戻りになります。

そうならないために『例外は作らない』ようにしましょう。

これは禁酒などでも同じで…

”1杯くらいいいか”という例外が、今までの習慣を崩してしまいかねません。

なので例外は作らないというスタンスが大切なのです。

ゲームはやめれる。そしてその時間を有効活用できる

最後に大切なことをお伝えしておくと、ゲームをしなくなった時間で何をするかを意識してください。

さらにはその時間を通してどうなるか。

そこを固めておけば、とっさに湧き出る欲望を冷静に処理できるはずです。

もし、あなたがゲームを1日に1時間していたなら…

1週間で7時間、1ヶ月で28時間、1年で336時間も余裕が出てくるのです。

1年後のあなたは今とは見違える成長をしているでしょう。

【補足】より深く”やめる習慣”について知りたい!【無料】

本文で軽く触れたこの本の紹介だけ簡単にさせてください。

この本には…

  • なぜ習慣が大切か?
  • 習慣にするための50のステップ
  • やめたい習慣をやめる方法

など習慣にまつわるノウハウが詰まっています。

せっかく空いた時間が出来たなら、それをいい習慣をするために使ってください。

ちなみに「オーディブル」で1ヶ月間、無料で聞くこともできます。

ぜひ空いた時間の有効活用の第一歩にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました