営業の基本がしっかり身につく本 / 岩泉拓哉

本まとめ

こんな人にオススメな記事

  • この4月から営業をやり始めた
  • なかなか成果が出ない
  • 営業としてもっと成長したい

という人にオススメの記事になっております。

なぜなら僕も営業を始めた時に色々悩んでいた時に、ある本に出会って営業が前向きになった空です。
その本というのが「営業の基本がしっかり身につく本」です。

その本の内容を全て紹介したいところですが、インプットの質を高めるため「3つの」ポイントに絞ってまとめております。

この記事を読み終えることで、タイトル通り「営業の基本」を身につけるための方法・考え方に触れることができます。

【営業の基本がしっかり身につく本】の3つのポイント

  • 人間力
  • 身だしなみ
  • 営業の話し方

ポイント① 人間力

「営業はその人自体が商品」よく耳にすることがあるでしょうが、全くその通りです。

クラインアントも人間なので、どの業者を決めるかとなった時には感情が入ります。

「よくしてもらっているし、あいつにお願いしようかな」と最後は感情で判断するものです。

つまり人間力を磨くことが営業につながります。

それではどのようにして、人間力を磨くのでしょうか?

答えは簡単で、凡事徹底で当たり前のことを当たり前にする。

約束は守る・嘘はつかない・悪口を言わない・挨拶がしっかりできるなどなどです。

忘れがちな部分ですが、忘れずに徹底していきましょう!

ポイント② 身だしなみ

先ほどの凡事徹底とも被る内容ですが、身だしなみは非常に重要なポイントです。

特にはじめましての場合、見た目で60%近くの印象が根付いてしまいます。

最初のスタートダッシュを成功させるためにも、身だしなみはきをつけましょう。

毎朝、または毎晩確認するのがベストです。

  • シャツにシワがないか
  • パンツはプリーツがしっかり見えるか
  • 埃や汚れはついていないか

第三者の視点から確認するようにすれば、よりわかりやすいかもしれません。

ポイント③ 営業の話し方

営業ということなので、ここからは話し方について書いていきます、。

まず、声の出し方がかなり重要です。

たまにボソボソと声を漏らしていくくらいの人がいますが、NGです。

相手に伝わる声の大きさか、早口になっていないか、語尾までしっかり声が出ているか。

自分でできていると思っていても、テープレコーダなどで聞いてみると、ビックりする人

も多いみたいです。

一度、自分が営業に行った時の内容を録音して見つめなおすのも1つでしょう。

【営業の基本がしっかり身につく本】今後のアウトプット

  • 凡事徹底
  • 毎朝身だしなみチェックを行う
  • 営業に行った時の会話の内容を録音する

コメント

タイトルとURLをコピーしました