必ず食える1%の人になる方法 / 藤原和博

本まとめ

自分のキャリアを築いていくうえで、どの分野を武器にしていくかを決める必要があります。

でも「どうすればその分野を見つけられるのか?」「自分の武器にする方法は?」と分からないことが多いと思います。

そんな悩みを解決する方法として紹介したいのが「必ず食える!%の人になる方法」という本です。

本書の著者は藤原和博さんで、現在は奈良一条高校の校長をされていますが元はリクルートで営業をされていた人です。

磨く分野を見つけるための4つのタイプ

本書は4つのタイプを元に書かれております。

そのタイプとは…

  • 社長タイプ
  • 自営業タイプ
  • 公務員タイプ
  • 研究者タイプ

になります。

それぞれ権力志向や経済志向などそれぞれ指標があるので、自分がどのタイプか簡単に分かります。

分からない場合でも、本書を読み進める上で、「これは自分に当てはまる」という点が出て来るので安心です。

ちなみに僕は「自営業タイプ」の人間でした。

もし「自分が何タイプなのか?」を知りたい人は、ぜひ自分で確認してみてください。

覚えておきたい3つのポイント

  • 社内自営業者になる
  • 3つの1/100を持つ
  • 寂しさに耐えられるか

社内自営業者になる

「自営業タイプ」の人に必要になるのが「セルフエンプロイド(自分を自分で雇用している人)」です。

分かりやすくいうと、会社の中で自営業をするイメージです。

いかに働いている会社を上手く使い、自分の能力・スキルを磨いているかということです。

いつでも向上心を持ち、使える物は何でも使うという心持ちが必要というわけです。

3つの「100分の1」を持つ

自分の希少価値を高めたい人も多くいると思います。

「自分にしかできないことがしたい」「自分だからできる仕事がある」そうなりたいでしょう!

そこで本書では「100万分の1」の人材になれる方法を記載しております。

それが「100の1 × 100の1 × 100の1 」の法則です。

1つの分野で希少価値が高い人間になろうとすると、キャリアがものをいうことも多いでしょう。

ですが、3つの掛け合わせにすることで「100万分の1」になることは可能です。

そのためにも1つの分野にこだわらないことが重要です。

目安としては、1つの分野につき1万時間携われば、100分の1になれます。

1万時間という数字だけ見れば大きいですが、1日単位に落とし込めば少しは少なく感じるでしょう(笑)

寂しさに耐えられるか

先ほどの「100人に1人」の人材に慣れた時、残りの99人とは違うため孤独になります。

同じように「100万人に1人」になった場合も同じです。

周りと違うことをしないといけないことは、集団行動を求められてきた日本人には厳しいことかもしれません。

ただ、成功すればするほど孤独になり、寂しくなっていきます。

ですが、それに耐えてなれることが出来ないと「自営業タイプ」では難しいということです。

これはもう慣れるしかありません。

人と違う行動をとるのは不安ですが、あえてそっちの道に進んだりして孤独になれることが必要です。

今後のアウトプット

・向上心と、何でも使う精神を持つ

・1つの分野にこだわらず複数の分野に手を付け、長期的に取り組む。

・周りの人とは違う決断をして、孤独になれる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました