【覚えられない・スピードが遅い】だったら聴きながら読む

オーディブル

  • 読書してても頭に入ってこない
  • なのに時間はめちゃくちゃかかる
  • 効率の良いインプットの方法を知りたい!

という人にピッタリの記事です。

読書をしてても内容を覚えてない…
なんてことは誰でも経験することです。

そんな時にオススメなのが聴きながら読むという方法です。

本の朗読を聞きながら、同じ本を読む。

そうすることで情報が【視覚と聴覚】の2つの扉から入ってくるようになります。

詳しい内容については記事内で説明していきます。

聴きながら読むことで早く質の高いインプットができる

読み終わったけどほとんど内容覚えてない…
しかも時間かかりすぎじゃない!?

という経験が思い当たる人は割といるでしょう。

僕も昔は同じで読んでもインプットできず、徐々に読書から離れてしまいました。

ですが最近では月に10冊ペースで読めるだけでなく、
本の要点を押さえられるようになりました。

1番の違いは「本を聴く」ようになったことです。

これはスキマ時間に聴けるので重宝しました。

そしてより深く理解したいという本に関しては、読みながら聴くようにしていました。

これで量はもちろん質も高めることができたのです。

【今日から始められる】聴きながら読むためのオススメサービス

本を聴きながら読むしてもどうすればいいの?

と思う方もいるでしょう。

普通は「聴く本」と「読む本」をそれぞれ別々に買ってしまいます。

そうなると金銭的に困る人も多いので、今回はオススメの方法をお伝えします。

毎月2冊くらい買う人なら、きっと今から言うやり方の方がお得になるでしょう。

その方法はAmazonオーディブルKindle Unlimitedの2つを使います。

使うべきは【Amazonオーディブル × Kindle Unlimited】の組み合わせ

なぜこれらを使うべきなのか?
という疑問に答えていきたいと思います。

1番のポイントは料金面です。

Amazonオーディブルは実質1500円で聴き放題のようなもの

オーディブルは月額1500円で、毎月コインが1枚もらえます。

そのコインと本を交換するシステムになっているんです。

えっ、じゃあ1冊しか聴けないじゃん!
と思われるかもしれませんが、そうではありません。

Amazonオーディブルは『返品』ができます。

それをするとコイン1枚が戻ってきて、別の本が聞くことができます。

オーディブル側も認めてるサービスなので心を痛めなくても大丈夫です。笑

僕も使って半年くらい経ちますが、20冊くらい返品してます。

返品の方法はこの記事にまとめてあるので、参考にして下さい。

関連記事:【5分でできる】オーディブルの返品方法【返品不可でもいける!】 

Kindle Unlimitedは読み放題だからお金の心配不要!

こちらのサービスは月額980円の読み放題サービスです。

読み放題だと数が少なかったり、知らない本ばかりだったりというケースも想定できます。

ですが、なんと130万部もある本が読み放題。
かつメンタリストDaiGoさんなどの本も対象なんです。

あなたの読みたい本もきっと見つかりますよ。

【オーディブルとKindle】どちらもAmazonだからラインナップが近い

料金も重要ですが、それよりも同じ本があるかどうかが大切ですよね。

でないと聴きながら読むことができませんし。

その点でも安心してほしいのが、どちらもAmazonが運営しているサービスなんです。

またオーディブルでは書店で並ぶメジャーな本がどんどん音声かさせています。

なのであなたが聴きたい本・読みたい本のどちらも、それぞれのサービスで見つかるでしょう。

ちなみに両方とも1ヶ月間の無料体験ができるので、ぜひ活用してみてください。

Amazonオーディブルの無料体験はこちら

Kindle Unlimitedの無料体験はこちら

聴きながら読むことで今までより効率的にインプットできる

ここまで「聴きながら読む」ことと、オススメの方法についてまとめてきました。

もちろん、これは一例なので違うやり方をしてもいいです。

ただ”本の内容が覚えられない・読むスピードが遅い”と悩んでいるなら、ぜひ活用してみてください。

これからの読書ライフが大きく変わるきっかけになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました