【体験談】Audibleを半年使ってみての感想【本を読まない人こそ使うべき】

働き方

こんにちは、きよです。

オーディブルを使ってもう6ヶ月くらいがたとうとしています。

さて、以前にこのようなツイートをしました。

【半年間オーディブルを使ってみて…】

・コスパ良くインプットできる
・お金と時間の両方のコスパ◎
・月1,500円で複数の本が聴ける
・紙の本を買うよりおトク
・通勤や家事の時間で本が読める
・空き時間で自然と聴くようになる

本を読む習慣がない人にはピッタリでしょう!

今回は『オーディブルユーザーの生の声』をお届けしていきます。

ちなみに今なら1ヶ月無料で使うこともできるので、ぜひ試して見て下さい。

本を読まない人にこそ【オーディブル】はピッタリ

結論からお伝えすると…

オーディブルはオススメです。

特に本を読みたいけど、読めてない人にピッタリです。

日本の社会人には本を読めてない人は意外と多い

マイナビが1ヶ月の読書量を調査したデータがあります。

するとこのような結果になりました。

0冊 141人(36.1%)
1冊  78人(19.9%)
2冊  53人(13.6%)
3冊  32人( 8.2%)
4冊  24人( 6.1%)
5冊  17人( 4.3%)
10冊 20人( 5.1%)
20冊 8人 ( 2.1%)

意外と少ない社会人の読書量、最多は約4割の0冊「忙しい」「ネットで十分」』より引用

つまり0冊・1冊の人が56%も占めています。

読めてない理由は「忙しい・時間がない」

ではなぜ読めてないのか?

その理由を見てみると…

仕事が忙しいので読みたくても読む時間がない(男性/30歳/金融・証券)
暇がない(女性/41歳./食品・飲料)
時間がない(女性/31歳/建設・土木)
忙しくて読んでいる時間がない(男性/49歳/自動車関連)
時間さえあればもっと読みたいと思っているのだが……(女性/36歳/医療・福祉)

意外と少ない社会人の読書量、最多は約4割の0冊「忙しい」「ネットで十分」』より引用

と読みたい気持ちはあるけど、忙しかったり時間がなかったりで読めてないわけです。

確かに仕事をしてると…

朝起きる→急いで準備→仕事→残業→くたくたで帰宅→飯食って寝る→朝起きる…

というような生活をしている人もいるでしょう。

もしくは読書よりゲームやYouTubeなどの娯楽に行ってしまうとか…

僕も昔は読書なんて月1冊したらは多い方でしたが、今では月10冊くらいになりました。

オーディブルはコスパ良く読書時間が増える

では冒頭でお話しした、なぜオーディブルはオススメなのか?

という理由を説明していきましょう。

1番のポイントは『コスパの良さ』です。

もちろんお金のコスパもありますが、それだけではないです。

むしろ時間のコスパのありがたみがハンパないです。

”忙しい・時間がない”で読書ができなかった人もバッチリ解決できます。

【時間とお金】そのどちらから見てもコスパがいい

それでは詳しい内容をまとめていきましょう。

【時間面】忙しくて本が読めないなんてもう言わせない

マイナビさんの調査でもあったように「時間がない・忙しい」という理由で本を読めてない人は多くいます。

オーディブルの場合、それらに縛られることはなくなります。

なぜなら『ながら聴き』ができるからです。

紙の本や電子書籍だと読める場所が限られる

紙でも電子でもどちらにしろ手と目が空いている必要があります。

カフェや電車で座れたら読むことができます。

でも逆に言うと家事をしながらや満員電車の中では読めないということです。

なのでわざわざ「本を読む時間」を確保する必要があります。

でも仕事とかしてると忙しくてそんな時間とれないですよね…

オーディブルならいつでも、どこでも聴ける

それに対してオーディブルは場所を選びません。

洗い物や料理中でも耳は空いています。

満員電車の中で手も動かせないくらいぎゅうぎゅうでも耳は空いてます。

というように生活のどんなシーンにでも使うことができるのです。

  • 駅まで歩いてる時間
  • 買い物をしてる時間
  • ジムで身体を動かしてる時間

などなどあなたが聴きたい時に本に触れることができるようになります。

そう言う意味でも時間のコスパも非常に優れています。

【お金面】月に1冊本を買うならオーディブルの方がおトク

オーディブルは財布にも優しいです。

書店とかに売ってる1冊の本の料金で、複数の本を聴くことができます。

順番に仕組みを説明していきましょう。

オーディブルはコイン制で本を聴く

会員になったら『1コイン』もらえます。
(無料会員でももらえます。)

そのコインと本1冊が交換できるのです。

仮に100円の本でも3,000円の本でもコインと交換できます。

実際に本を買う画面でも、このような表示になります。

なので上手い使い方をすれば追加料金なく、1コインで何冊もの本を楽しむことができます、

オーディブルの【返品】を活用する

その方法は、コインと交換した本を返品するんです。

返品すれば聴き終わった本が聴けなくなる代わりに、1コイン返ってきます。
そのコインでまた別の本を聴けるのです。

この方法はAudible側も認めています。

注意事項に「短期間における角のご利用など…」という1文がありますが、

僕も月に3冊ほど返品しましたが、注意をうけたり利用できなくなったことはありませんでした。

なので心配なく返品してもらって大丈夫です。

詳しいやり方は「この記事」にまとめているので参考にして下さい。

オーディブルはどこでも聴ける【月に10冊もいける!】

ここで紹介したようにオーディブルはどこでも活用できます。

今まで何もできなかった時間で読書ができるのです。

耳が空いてる時間は割とあるので、1.2時間くらいはサクッと確保できるでしょう。

冒頭でもお話しした通り、オーディブルは1ヶ月無料でお試しできます!

実際に使う方が良し悪しの判断がつくので試してみて下さい。

無料期間だけで終わりたい人用に退会方法をまとめた記事もここにはっておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました