【初心者必見】ドメインのSSL設定

WordPress

レンタルサーバーからドメインを取得した際に、やっておいた方がいいことはSSL設定です。

その方法を初心者の方でも分かりやすいよう、噛み砕いて説明していきます。


SSLってなに?

一言で言うと「セキュリティ」です。

サイトの安全面のことも考えてSSL設定は行なっておきましょう。
(アドセンスなど申請する際にも必須になることも多いそうです。)


SSL設定の流れ

まず、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

ログインページはこちら


そして下の画像の黄色で囲んでいる「SSL設定」をクリックします。


エックスサーバーのサーバーパネルページ


すると、ドメインを選択する画面が出てきます。

次に作成したドメインの「選択する」をクリックしてください。
(独自SSL設定が1個になっていますが、最初は0個になっています。)


エックスサーバーのサーバーパネルのSSL設定画面


ドメインの取得方法が分からない方はこちらをご覧ください。


そして「独自SSL設定追加」をクリックすると、下の画像のような画面になります。
(rashisa-labo.comの方はすでにSSL設定が完了していたため、隠してるドメインで進めます。)


そして「CSR情報」のチェックボックスをクリックしてください。
すると入力画面が出てきます。

ここを入力する必要があるのですが、全てローマ字で入力してください。
基本的な入力方法は、例を参考にすると分かりやすいでしょう。

入力後、問題がなければ「追加する」をクリックしてください。


エックスサーバーのSSL設定の入力画面


そして、入力方法に問題がなければ、設定の完了画面になります。

注意してほしいのが、画像にも出ている通り、反映完了までに時間がかかります。


エックスサーバーのSSL設設定完了画面


時間をおいて再度「サーバーパネル→SSL設定」の順にページを進め、自分のドメインがSSL用アドレスに変わっています。


これでドメインのSSL設定はバッチリです!

お疲れさまでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました